Ultimate magazine theme for WordPress.

Just-released report names Cannabis Stock of the Year for 2019! Their last pick has seen a +1,200% return since he released it!

This stock has all of the makings of the next great cannabis stock – early-mover advantage, international exposure and influential partnerships, plus it has a product that is unlike anything else on the market…

You will also receive a free, weekly newsletter to stay on top of the latest industry trends, read analysis on promising cannabis stocks, and more. Click here to receive your Free Report immediately!

BTC
$9,242.87
-2.03%
ETH
$241.46
-2.49%
LTC
$44.30
-2.66%
DASH
$71.63
-1.16%
XMR
$67.67
+1.91%
NXT
$0.01
0%
ETC
$6.60
+1.63%
DOGE
$0.00
-2.71%
ZEC
$56.69
-2.04%
BTS
$0.02
0%
DGB
$0.02
-4.03%
XRP
$0.20
-2.04%
BTCD
$23.22
PPC
$0.27
0%
CRAIG
$0.00
XBS
$0.02
0%
XPY
$0.05
0%
PRC
$0.01
0%
YBC
$25.88
0%
DANK
$0.00

海外投資: オフショアのヘッジファンド会社を利用する利点

647

Just-released report names Cannabis Stock of the Year for 2019! Their last pick has seen a +1,200% return since he released it!

This stock has all of the makings of the next great cannabis stock – early-mover advantage, international exposure and influential partnerships, plus it has a product that is unlike anything else on the market…

You will also receive a free, weekly newsletter to stay on top of the latest industry trends, read analysis on promising cannabis stocks, and more. Click here to receive your Free Report immediately!

オフショア保険に契約することは、日本の法律上違法なのか合法なのか。オフショアに籍を置く会社が運用し、高いパフォーマンスを誇る海外ファンドへの投資が可能な海外積立投資が最近日本でも注目を浴びています。Friends Provident, Standard Life, Royal London, Hansardなど様々なプラットフォームがあるほか、IFAをどうするかなど、始めるにあたっては色々な悩みがあると思います。
 ところで、それ以前に議論になりがちなのが、オフショア保険の契約は、日本の法律上違法なのか合法なのか、という点ではないでしょうか。これは難しい問題ですが、今のところ法律の解釈次第で、明確な判例はないようです。これらの商品は、海外の保険会社が提供している保険ですが、中身を見てみると外国籍の投資信託(海外ファンド)であり、特徴のひとつとして、契約者の死亡時にファンドの時価総額に対して1%のボーナスの付加が上げられますが、同様のスタイルを持った投資商品は日本には存在しませんので、日本の保険関連法において定義に値しないのです。そのため、合法ですとはいえないのですが、違法ではない、と言うのが正しいのではないでしょうか。
  日本の保険業法第186条1では、「日本に支店等を設けない外国保険業者は、日本に住所もしくは居所を有する人(中略)に係る保険契約を締結してはならな い」、同じく186条2では、「日本に支店等を設けない外国保険業者に対して日本の住所もしくは居所を有する人(中略)に係る保険契約の申し込みをしよう とする者は、当該申し込みを行うときまでに、内閣府令で定めるところにより、内閣総理大臣の許可を受けなければならない」とされており、この法令に違反し て許可を受けずに保険契約の申込みをした場合は「50万円以下の過料に処する」(同337条)とされています。この法律にどのようにアプローチするのかが、オフショアファンド、オフショア生保に加入する際の大きな問題になります。
  186条1項の規定は、日本国内においてのみ効力があります。つまり、国外で活動する保険業者にまでこの禁止命令を適用することはできません。
ゆえに、保険に加入したい人が日本に住んでいても、日本国外で保険契約を締結した場合は、契約を結んだ保険会社(保険代理店)は処罰の対象にならない、ということになります。香港などで日本人を対象として保険の販売をする業者に対し、違法行為をしているかのように言う人がいますが、これは大きな間違いです。
 海外投資に求められるニーズは皆様様々です。将来的に海外への移住を計画されていて徐々に国内資産をオフショアへ移される方も居れば、将来お子様を海外留学させたいと言う希望からそれにターゲットを絞って積立運用をされる方。リタイヤメント後の生活余剰資金をコツコツと海外積立プランで形成される方や、既にリタイヤメントされた方で退職金を国際分散投資でオフショア運用されたいという方まで目的は多々あります。今では、オフショアでありながら日本円建てで運用が出来る商品もあるので為替リスクを取りたくない法人などの運用先としても活用されています。国内金融機関では取扱いが難しいヘッジファンドや各種仕組み債などの運用で市場の株式や債券との相関性の低い、オルタナティブ投資を実行されている方も近年は増えてきています何が自分のライフプランやマネープランにマッチした運用手法なのか、そしてその実現が海外投資で可能か否かを見極める手段として海外投資アドバイザーを活用されてみては如何でしょうか?
Comments